東レは2016年10月にプライベート展示会「先端材料展2016」を開催し、新しいコンセプト車を公開した。異種材料で構成するボディーを想定し、樹脂や炭素繊維強化樹脂(CFRP)の新たな使い方を示した(図1)。

図1 東レの新コンセプト車「TEEWAVE AC1」
同社が開発した樹脂やCFRPのクルマへの新たな使い方を提案した。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は2011年に、「TEEWAVE AR1」という電気自動車(EV)のコンセプト車を開発していた。ボディー全体にCFRPを使用し、「クルマをどこまで軽くできるか」を追求した車両だった。

 これに対して、今回公開した新コンセプト車「同AC1」は、鋼板やアルミニウム(Al)合金、CFRPなどの異種材料で構成するマルチマテリアル構造ボディーのクルマを想定したものである。樹脂やCFRPの「より現実的な使い方」(同社)や、それを可能にする技術を盛り込んだ。その一つが、熱硬化性CFRPで造ったルーフやルーフレール、センターピラーなどのボディー骨格部品である。2020年ごろまでの実用化を目指している(図2)。

図2 ボディーに使用したCFRP
センターピラーやルーフレール、ルーフに熱硬化性CFRPを適用した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら