ドイツBosch社は2016年9月下旬、日本法人のボッシュが北海道のテストセンターで開催した技術試乗会で、開発中の自動運転技術や安全システムなどを公開した(表)。日本で新たに開発した実験車を用いて、自動運転のデモンストレーションを行った。「レベル3」の自動運転に対応したもので、高速道路において2021年の実用化を目指す。

表 Bosch社が試乗会で公開した技術
[画像のクリックで拡大表示]

 Bosch社が今回公開したのは、同社が日本で開発した自動運転の実験車として2代目に当たる車両。1代目はホンダ「レジェンド」のハイブリッド車(HEV)をベースにした車両で、2代目はこの車両を改良した(図1)。

図1 「レベル3」の自動運転実験車
ホンダ「レジェンド」のHEVをベースに開発した2代目の車両。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら