自動運転車を使ったレース「ROBORACE」が加速している。人工知能(AI)を使ったソフトウエアが勝敗を決める新しい取り組みの全体像が、徐々に明らかになってきた。2016年8月に入り、レース車両の内部や開発用のテスト車両が公開された。

 ROBORACEは、電気自動車(EV)のフォーミュラーカーのレース「Formula E」の一部として、2016年10月に開幕する「2016-2017シーズン」の途中から開催される予定だ。同年11月にデモンストレーションを実施し、2017年にも実際のレースを始める計画である。

 AIがクルマを操るという次世代レースへの関心が高まる中、2016年8月3日にROBORACEに用いるレース車両の部品構成が明らかになった(図)。車両周囲を監視するセンサーの中核を担うのはレーザーレーダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)である。車両の前方に2個、側方に2個、後方に1個搭載した。カメラやミリ波レーダー、超音波センサーも備え、LiDARの情報を補完する。

図 車両周囲を様々なセンサーで監視
自動運転レース「ROBORACE」に用いる車両に搭載する部品の構成。車両寸法は全長4800×全幅2000mmで、ホイールベースは2800mmである。車両質量は1000kg。
[画像のクリックで拡大表示]

 各種センサーが収集した車両周囲の情報は、米NVIDIA社の車載コンピューター「DRIVE PX2」で処理する。ROBORACEのCEO(最高経営責任者)を務めるDenis Sverdlov氏によれば、「センサーフュージョンによって精度を高める」という。DRIVE PX2は、8T(テラ)FLOPS(1秒間に8兆回の浮動小数点演算を実行)の性能を持つ。ディープラーニング(深層学習)に特化した演算では、その3倍の24TFLOPSで実行可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら