トヨタ自動車は自動運転技術の開発状況について「オートモーティブワールド2018」(2018年1月、東京ビッグサイト)で講演した。「二つのアプローチで開発を進めている」(先進技術開発カンパニー先進安全先行開発部主査の松尾芳明氏)という。

 一つはサービスカー向けにレベル4の自動運転を早期に実現するアプローチである(図1)。走行する地域や速度などに制限を持たせることでレベル4を早期に実現し、配車サービスなどのMaaS(Mobility as a Service)用途に活かす。同社は2018年1月の「CES 2018」で電気自動車(EV)「e-Palette Concept」を発表したが、「今後はe-Paletteを軸にサービスカー向けの開発を進めていく」(同氏)という。

図1 二つのアプローチで自動運転技術を開発
第1のアプローチでは、サービスカー向けにレベル4の自動運転技術を早期に実現する。第2のアプローチでは、オーナーカー向けに段階的に自動運転のレベルを上げていく。トヨタの資料を基に本誌が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 もう一つはオーナーカー向けに自動運転のレベルを2、3、4と段階的に上げていくアプローチである。この方法では、それぞれの段階で新技術をより早く実用化できることから、「少しでも交通事故の低減に貢献できる」(同氏)という。例えば、同社が2017年10月に発売した高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「LS」では、レベル2の上位に相当する「Lexus CoDrive」と呼ぶ運転支援技術を搭載する(図2)。「消費者に過信や誤解を与えないように、あえて自動運転技術とは呼んでいない」(同氏)という。

図2 自動運転技術の開発シナリオ
2020年頃には自動車専用道路向けの自動運転技術「Highway Teammate」を実用化する。2020年代前半には一般道向けの自動運転技術「Urban Teammate」を導入する。トヨタの資料を基に本誌が作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 2020年頃には自動車専用道路向けの自動運転技術「Highway Teammate」を実用化する。「ここで初めて自動運転技術と呼ぶ」(同氏)。その後、2020年代前半には一般道向けの自動運転技術「Urban Teammate」を導入、将来はあらゆる道路での完全自動運転(レベル5)を実現する。一般道向けの自動運転技術の開発では、3次元レーザーレーダー(LIDAR)などを搭載した実験車両を使い、東富士研究所周辺の一般道を中心に試験を実施している。

 自動運転システムの安全性を確保するためには、膨大な走行試験が必要になる。少なくとも人間が運転する場合と同等の安全性が必要であり、「そのためには実走行だけでなく、シミュレーション技術の導入が不可欠」(同氏)という。シミュレーション技術では、多くの実走行データを取得し、高精度な仮想環境を構築することが重要になる。開発車両だけではなく、実社会で走行している車両のデータも必要であり、「例えばタクシー業界と連携してデータを取得する取り組みなどが重要になる」(同氏)と述べた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら