日経 xTECH有料会員または、日経Automotive購読者限定 現在は登録会員も閲覧可能です

 トヨタ自動車が開発した排気量3.5LのV型6気筒直噴ツインターボガソリンエンジン(図1)。新しい共通燃焼技術を採用して、トルクと燃費性能を両立した。高性能を訴求するエンジンだが、一般に燃費重視エンジンで採用するロングストロークにした。

図1 新型V6エンジンの外観
共通燃焼技術を採用し、ロングストロークにした。
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年に発売したレクサスブランドの高級セダン「LS」から搭載を始めた。ハイブリッド車(HEV)に加えて、V6エンジン搭載車を用意する。V6の特徴は高い熱効率を実現し、出力と燃費性能を上げたことだ。最高熱効率は37%に達する。

 気筒数が増えると摩擦損失が大きくなり、熱効率は下がる。新開発のV6エンジンは過給するにもかかわらず、自然吸気の4気筒品に比べてわずか3ポイントの効率低下に抑えた。同クラスの過給ガソリンエンジンで、世界最高水準だろう。

 新型V6エンジン「V35A-FTS」は、アイシン・エィ・ダブリュ製の10速自動変速機(AT)と組み合わせる()。最大トルクは600N・m、最高出力は310kWと先代LSを上回る。燃費性能も高い。車両質量は2輪駆動車(2WD)で2150kg(LS500)と重いにも関わらず、JC08モード燃費は10.2km/Lに達する。先代のLS460(2WD、1950kg)は同8.4km/Lだった。

表 主な仕様
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら