クルマの「つながる」機能が普及段階に入った。インターネット通信を介して多彩な機能が使えるようになったが、利便性は自動車メーカーによって大きく異なる。“違い”を生むのがHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)だ。この点に着目し、自動車技術調査・コンサルティング会社の英SBD Automotive社が欧州メーカーの6車種を調査。HMIのユーザーエクスペリエンス(UX)を評価したところ、多くの車種について、まだ改善の余地があることが浮き彫りになった。

 今回、調査対象としたのは欧米で販売されているコネクテッドカーで、ドイツBMW社「7シリーズ」、同Daimler社「Mercedes-Benz Eクラス」、英Jaguar社「F-PACE」、ドイツPorsche社「パナメーラ」、同Volkswagen(VW)社「ゴルフ」、スウェーデンVolvo社「XC90」の6車種である注1)

注1)調査は車種により英国あるいは米国で実施した。評価の対象は、搭載システムのヘッドユニットからヘッド・アップ・ディスプレー(HUD)、音声認識、スマートフォンとの連携、コールセンターなど、UX全体を網羅した。

 評価は、ユーザビリティー(システムの使いやすさ)と提供機能の数(機能数の多い順にAからスコアを付与)の2軸で実施した(図1)。ユーザビリティーは様々な評価の結果を重み付けしてスコア化している注2)。今回は特に、使い勝手に影響する7項目の指標について紹介していく。

図1 BMW社「7シリーズ」のHMIが最高スコアに
(a)縦軸がシステムの使いやすさを評価した「ユーザビリティースコア」で、横軸が提供する機能の多さを示す「機能性スコア」である。僅差でDaimler社のインフォテイメントシステムが続いた。(b) SBD社が規定したユーザビリティースコアを評価する際に用いる7項目の指標。
[画像のクリックで拡大表示]
注2)ユーザビリティースコアは、複数のユースケースに対する7指標の評価の他、システム評価や走行中の操作によって生じる精神的負担(ディストラクション)の評価を一定の基準と照合し、重み付けをして算出している。ユースケースとしては、目的地の設定や車のリモート操作、音楽のストリーミングなどがある。システム評価では例えば、地図のレイアウトや操作ボタンの位置などを確認する。

 図1(b)に示した7項目のうち、「直感性」と「サポート性」で学習を要することなくすぐに簡単に使いこなせるかを判断した。「柔軟性」と「整合性」、「迅速性」から、一度覚えた後の2回目以降の操作がスムーズにできるかを評価した。「情報品質」と「表示品質」から入力に対するアウトプットが分かりやすいかを見る。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら