早ければ2020年ごろから実用化が始まる自動運転車。2018年1月に米国ラスベガスで開催された世界最大級のエレクトロニクス展示会「CES 2018」はまさに、クルマの革新前夜といえる内容だった。無人で走れることををアピールする段階は終わり、自動運転の“経済圏”の中でどう優位性を確保するかに全力を注ぐ姿が目立った。

 「クルマ会社を超え、人々の様々な移動を助けるモビリティカンパニーへと変革する」─。CES 2018で開いた記者発表会で、トヨタ自動車社長の豊田章男氏が決意を宣言した。自動車製造業から脱皮し、「モビリティサービスのプラットフォームをつくる会社になる」(同氏)という(関連記事)。

 “プラットフォーマー”を志向するのはトヨタだけではない。自動運転ビジネスの中枢を握って事業を拡大しようと、半導体をはじめとするハードウエアから制御をつかさどるソフトウエアまで、多くの有力企業がCES 2018を舞台に綱引きを繰り広げた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら