大胆なスタイリングや「プリウス」のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)版などとして注目されたトヨタ自動車の「C-HR」。

 新世代プラットフォームである「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」の採用や改良したハイブリッド機構、小排気量ガソリン・ターボ・エンジンの搭載、欧州工場での生産など、注目点は多い。広島県立総合技術研究所、西部工業技術センター内のベンチマーキングセンターで行われた分解研究作業を基に報告する。

欧州市場を意識した設計

 トヨタはC-HRを、トヨタ自動車東日本の岩手工場と、トルコTMMT(Toyota Motor Manufacturing Turkey)で生産する。プリウスに続いてTNGAを採用したSUVである。トヨタがC-HRを世界戦略車と表現するのは、日米欧の市場で販売するためだ。販売台数(2016年12月〜2017年9月末)は、日本(10万4200台)と欧州(10万7600台)がけん引しており、北米が1万9000台である。

 C-HRのパワートレーンは、日本市場では前輪駆動のハイブリッド車(HEV)と4WD(四輪駆動)のガソリンエンジン車の2種類を設定。HEVは、プリウスと同様の1.8L直列4気筒(2ZR-FXE型)にモーター(1NM型)を組み合わせる(電池はニッケル水素)。エンジン車は、1.2L直列4気筒の直噴ターボ(8NR-FTS型)に7速手動モードを備えるCVT(無段変速機構)を組み合わせた。

 トヨタが欧州市場での販売を意識して開発した“ダウンサイジング”過給エンジンである8NR-FTS型エンジンの最高出力は85kW(116PS)、最大トルクが185N・mとなる。燃費(JC08モード)は、HEV仕様(前輪駆動のみ)が30.2km/Lであるのに対して、直噴ターボエンジン仕様(4WDのみ)は15.4km/L。車両質量はHEVが1440kgに対してエンジン車は1470kgと30kg重い。

 HEVは、車両質量が軽いことに加えてモーター走行の効果で、燃費がエンジン車よりも大幅に向上している。エンジン車は、アイドルストップ機能を備えないことも影響した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら