今回の分解レポートでは、ドイツAudi社の大型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)である「Q7」のボディー骨格に与えられた技術を採り上げる(図1、2)。車体の軽量化を狙った新型Q7は、ボディーの構成材料をマルチマテリアル化したのが特徴。ホットプレス鋼板に加えて、アルミニウム(Al)合金をボディー骨格やパネル類にきめ細かく使っている。ドイツVolkswagenグループのモジュール戦略を受けて、Audi社は新型Q7に最新仕様のプラットフォームを与えており、広範囲にわたる改良を施している。

図1 分解調査したAudi社「Q7」のボディー骨格
ホワイトボディーの質量は先代の433kgから362kgに軽くなった。分解調査したのは欧州仕様の「3.0TDI Quattro」の8速AT仕様。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 新型Q7の外観
欧州で2015年に発売した2代目Q7は全長5052×全幅1968×全高1740mm、ホイールベースは2994mm。車両質量は分解調査車両で1995kg。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら