分解レポートでは、これまで日本で実施された分解研究作業を中心に紹介してきたが、今回はスウェーデンVolvo社の「SPA(Scalable Product Architecture)」を取り上げる。同プラットファームは同社が自社開発したもので、2015年に発売したSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の新型「XC90」から採用した(図1)。もともと米Ford Motor社グループに属していたVolvo社だが、同グループからの分離が決まる少し前の2009年から独自プラットフォームと、パワートレーン技術の自社開発を始めていた。この両者を初めてそろって採用したのがXC90となる。

図1 Volvo社「XC90」
新型プラットフォーム「SPA(Scalable Product Architecture)」を用い、「Drive-E」と呼ばれる直列4気筒ターボエンジンとアイシン・エィ・ダブリュ製8速ATを組み合わせる。価格は774万~1009万円。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら