マツダがロータリー復活の狼煙(のろし)を上げた。東京モーターショーで、ロータリーエンジン搭載のスポーツカーコンセプト「RX-VISION」を世界初公開したのだ。搭載したのは、「SKYACTIV」技術によって動力性能、環境性能を高めた「SKYACTIV-R」エンジン。マツダ社長の小飼雅道氏(写真)は、「まだまだ技術課題はあるが、飽くなき挑戦の精神で開発を継続していく」と、製品化への決意を述べた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら