読んでもいない本に、考えを方向付けられるのだから不思議なものである。大学の生協に平積みになっていた『思考のための道具』 。ハワード・ラインゴールド氏がコンピューターの開発史を綴った書籍だ。その後ずっと、人の思考を強化するのがコンピューターの役目と信じ込んでしまったのは、手にとってパラパラとめくっただけの同書の見出しがよほど印象に残ったのだろう。

 30年近く前の記憶を呼び覚ましたのは清水亮氏の発言である(インタビュー記事)。「コンピューターって、人間の思考能力を拡張するために作られているはず」と言われてハッとした。パソコンの成長期には確かにあったこの目標は、いつしか霞んでしまったようだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら