セイコーエプソンの原子発振器の新製品「AO6860LAN」(写真:セイコーエプソン)
[画像のクリックで拡大表示]

 セイコーエプソンは、外形寸法が68mm×60mm×18mmと小さい原子発振器を開発した。同社従来品に比べて約1/16の体積だという。発振周波数は10MHz。小型化しながら、長期周波数安定度は従来製品と同じ±0.05ppb/月を実現した注1)。通信機器や放送機器、産業機器、計測器などの基準信号発生源に向けて、2016年に量産する。

原子発振器=原子の固有周波数を基準とした発振器で、水晶発振器に比べると、2桁以上の高い精度を得られる。
注1)消費電力も3Wに小さくした。従来製品に比べて1/6だという。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら