図1 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その1)
図1 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その1)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その2)
図2 Alダイカストを用いたHANMAN社のスマートフォン筐体(その2)
[画像のクリックで拡大表示]

 安価なアルミ(Al)ダイカストではきれいに酸化皮膜(アルマイト)処理できない。そんな“常識”を覆すAlダイカストを、スイッチ部品や金属加工品などを手掛けるオータックス(本社:神奈川県横浜市)が開発した。このAlダイカストを利用すれば、ローエンドのスマートフォンでも高級感がある外装を実現できる。

 既に、ヘッドホンの部品やスマートフォンの筐体で採用されている(図1~3)。2016年にはさらに採用が広がる予定。スマートフォンやオーディオ機器、テレビ、デジタルカメラなどのデジタル家電の他、冷蔵庫などの白物家電、車載機器を手掛けるメーカーが強い関心を寄せている。例えば、中国の大手メーカーがスマートフォンの筐体やテレビの支持台への採用に前向きだという(図4)。

図3 Alダイカストを用いたデンマークBang & Olufsen(B&O)社のヘッドホンの部品
図3 Alダイカストを用いたデンマークBang & Olufsen(B&O)社のヘッドホンの部品
[画像のクリックで拡大表示]
図4 Alダイカストを用いた、あるメーカーのスマートフォン筐体
図4 Alダイカストを用いた、あるメーカーのスマートフォン筐体
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
この記事のタイトルを掲載当初の「ダイカストでもきれいなアルマイト、スマホやオーディオ機器で採用」から「高級感があるAlダイカスト、スマホ筐体で採用が始まった」へ変更しました。現在は変更後のタイトルになっています。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら