2016年9月の発表会でSIE社が見せたPS4 Proの動作デモ

 苦境にあえぐ任天堂が、反撃の狼煙を上げた。同社は2016年10月20日、新しいゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の概要を発表した。2017年3月に発売予定で、2012年11月に発売した据置型ゲーム機「Wii U」からおよそ4年ぶりの新型機である。Switchは、これまで同社が「NX」として開発を進めてきたもので、初めて外観や一部の機能などを明らかにした。

Wii Uの販売数はPS4の1/3

 ここ数年、任天堂の業績は振るわない。2011年度には上場以来で初めての赤字に転落。その後も低空飛行を続け、直近の2016年度上半期(同年4~9月)は、売上高が1368億1200万円で、営業損益は59億4700万円の赤字である。業績不振の最大の理由は、据置型ゲーム機Wii Uにある。発売から約4年を経過した2016年9月末時点の販売実績は累計1336万台、対応ソフトも同9235万本にとどまる(図1)。

図1 年末年始の前哨戦で火花
ホリデーシーズン(年末年始)の商戦前に、ゲーム事業で競合関係にある任天堂とSIE社がしのぎを削っている。2016年9~11月にかけて、新しいハードウエアをたて続けに発売するSIE社に対して、任天堂は開発中の新型ゲーム機の概要を発表した他、iOS端末へのスーパーマリオシリーズのゲーム提供や「Pokémon GO」向け腕輪型端末の発売などで対抗している。(写真:任天堂の製品は同社)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、競合の米Sony Interactive Entertainment(SIE)社の据置型ゲーム機「PlayStation(PS) 4」は好調だ。2013年11月の発売から約2年半後の2016年5月22日時点で、累計実売台数は4000万台を超え、対応ソフトも2億7090万本超と、いずれもWii Uの約3倍の売れ行きである注1)

注1)VGChartz社の調べによれば、Microsoft社の据置型ゲーム機「Xbox One」の販売実績は、2016年9月時点で約2300万台。Wii Uよりも多いが、PS4のおよそ半分である。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら