IBM社が想定する近い将来の「IBM Q版データセンター」のイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 米IBM社は、汎用量子コンピューティング(QC)・システム「IBM Q」を2020~2021年ごろに商用化する計画を明らかにした。IBM Qは、量子ゲート型QCの1種で、任意のアルゴリズムを実行できることが特徴の1つである注1)

注1)ただし、そのQCの演算性能が、既存のコンピューターを超えるかどうかは別問題。既存のコンピューターをはるかに上回る演算性能を出せるのは、「量子アルゴリズム」と呼ばれるごく一部のアルゴリズムに限られる。それ以外のほとんどのアルゴリズムでは、既存のコンピューター並みか、多少速いぐらいの結果になる。

 IBM社は2016年5月から5個の量子ビットから成るQCをオンラインに公開し、誰でも量子演算を試せるようにしている。2017年3月にはこれを発展させたプロジェクトとしてIBM Qを発表した。同年5月には量子ビットの数を16個に増した。さらに17個の量子ビットから成るQC用チップの技術を基に、商用化を進めるとする。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら