会場の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年10月3〜6日に国内最大級のエレクトロニクス業界の展示会「CEATEC JAPAN 2017」が開催された。公表された来場者数は15万2066人と、昨年から約7000人増加した。1日当たりの入場者数は約3万8000人で、2008年以来の多さという。

 CEATECの活況を支えた要因の1つは新規の出展者だろう。2017年の出展者数は667社/団体。そのうち約49%が新規出展者だったという。国内からの新規出展者の中心となったのが、エレクトロニクス業界の枠を超えた、工作機械や自動車、金融などの幅広い業界からの出展だ(図1)。背景には、CEATECが2016年に民生用エレクトロニクス機器から、IoTやCPS (Cyber Physical Systems)をテーマにした展示会に方針を変えたことがある。IoTの主役はエレクトロニクス技術やITを使いこなすさまざまな業界であり、各社はどのような業務にIoTを生かすかを競っていた。

図1 異業界からの新規出展が相次ぐ
エレクトロニクス業界以外からCEATEC JAPAN 2017に新規出展した企業の例。
[画像のクリックで拡大表示]

 中でも多くの人を集めたブースの1つがバンダイナムコグループである。人気アニメのマスコットを模したコミュニケーションロボットの試作機や、同グループが開発を進める学習型会話エンジンのデモを実施していた。IoTを使って実現する対話機能を遊びの要素に取り入れた格好だ。この他三井住友フィナンシャルグループやLIXILなどが新たに出展した。

 異業界からの出展では2016年からの継続組の展示も目立った。JTBグループや三菱UFJフィナンシャル・グループなどが、去年以上に展示を充実させた。例えばJTBは、ブースで展示する品数を2016年の5点から14点と大幅に増やした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら