Altera社 Vice President Customer Experience GroupのVince Hu氏

 米Altera社 Vice President Customer Experience GroupのVince Hu氏は2016年8月30日、本誌の取材に応じ、米Intel社による買収後の製品戦略などについて説明した。Hu氏によれば買収によって、研究開発費が大きく増え、技術者を数百人増員できたとする。

 直近の製品についてはまず、2016年末に14nmのFinFETプロセスを使う最上位製品の「Stratix 10」のエンジニアリングサンプル品を出荷するとした。ただし、量産は2017年後半から順次進め、製品シリーズが出揃うのは2018年前半になる。Stratix 10の出荷以降、FPGAのブランドを「Altera」から「Intel FPGA」に切り替えていくとする。

 これと並行してIntel社のマイクロプロセッサー「Xeon」(開発コード名:Skylake、14nmプロセス品)とAltera社のFPGA「Arria 10」(台湾TSMCの20nmプロセス品)のマルチチップパッケージ(MCP)品を2017年初めに出荷する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら