独自のアイデアや企画をハードウエア製品に仕立てるハードウエアベンチャー(ハードウエアスタートアップ)。だが、アイデア止まりや試作品止まりの場合が多く、なかなか製品を市場に投入できない。そんな状況を打破すべく始まったのが、ハードベンチャー支援活動「Makers BootCamp(MBC)」だ。MBCは、ベンチャーキャピタリストの牧野成将氏と藤原健真氏が京都に設立したDarma Tech Labsが運営する。

 MBCの目的は、ハードウエア開発の経験が乏しいスタートアップを対象に、量産を前提にした試作品、いわゆる「量産試作品」の作製を支援すること。この量産試作品を国内外の工場に渡し、製品を量産してもらう。これにより、「スタートアップの機器は面白いが、なかなか製品にならない」という常識を覆すことを狙う。

 量産試作品を作成する際に協力を仰ぐのが、京都にある中小企業が参加する「京都試作ネット(KSN)」である。KSNは2001年に設立され、現在100社以上が参加している。KSNではこれまで大手企業の試作を請け負ってきた。この実績を生かして、スタートアップを支援する。MBCに参加するスタートアップは、MBCを通じて量産試作を2015年内に終えて、量産出荷する予定だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら