ポストLi(リチウム)イオン電池の代表的存在である全固体電池の開発で、大きな進展があった。東京工業大学の菅野了次氏(物質理工学院 応用化学系 教授)の研究グループが、材料・製造コストを大幅に引き下げられる新しい電解質材料を発見した(表1)。高価な原料を使わずに、既存の液体電解質を用いるLiイオン2次電池を上回る性能(充放電速度)を得られる。生産時や使用時の安全性も高めやすい。

表1 開発した電解質材料の特性 一番下が今回の材料。(表:東工大)
[画像のクリックで拡大表示]

 量産時における電解質材料のコストは、同氏らが開発した従来の全固体電池向け材料の1/3以下にできる見込みという。体積あるいは重量当たりの容量密度は、少なくとも既存のLiイオン電池並み。上回る可能性もある。

 電気自動車に応用すれば、数百km走行可能な電気エネルギーを数分間で充電できる電池を安価な材料で実現できることになる。安全面での不安要因も減らしており、電気自動車への全固体電池の採用の前倒しにつながりそうだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら