空中に映像が表れるように見える(写真:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 パネルを使わず絵を表示する新型“ディスプレー”の提案が、三菱電機とNTTから相次いで登場した。

 三菱電機は、56型(幅886mm×高さ1120mm)と大型の映像を空中に表示できる空中ディスプレーを開発し、2016年2月に開催の「研究開発成果披露会」で披露した。特徴は、空中の映像を見ている人が映像の中を自由に通り抜けられること。同社は、デジタルサイネージやアミューズメント、案内標識などの用途を想定しており、2020年度以降の実用化に向けた開発を進めている(図1)。

図1 映像を通り抜ける様子
銀河の映像の向こう側へ男性が通り抜け(左)、向こう側から戻ってくる(右)様子。
[画像のクリックで拡大表示]

 これまでにも、テーブル状の物体の上に映像を浮かべられる空中ディスプレーはあった。手を伸ばして、空間に浮かんだ映像を触ったり、映像を腕で突き破ったりするような感覚が得られるデモンストレーションの事例もある。しかし、この場合は映像の真下にテーブル状のシステムがあるため、人が歩いて映像の中を通過することはできない。

 一方、劇場用などで、人間と同程度の大きさの映像を表示できる空中ディスプレーもある。このようなディスプレーを使い、舞台上の空間にアーティストのバーチャル映像を表示したライブが行われたりしている。この場合は、舞台上にいる人は空中の映像を通り抜けたりできる。しかし、観客席側の人は空中の映像に近づくことができない。舞台と観客席の間にハーフミラーがあり、舞台と観客席の間が物理的に隔てられているためだ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら