「テレビゲームのプレースタイルを多様化させる新しいゲーム機」─。任天堂 代表取締役社長の君島達己氏は、2017年3月3日に発売する同社の新しい据置型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の発表会でこう胸を張った。これに対して株式市場や投資家の反応は冷ややかだ。価格が2万9980円(税別)と予想より高い上、発表された対応ゲームソフトが少ないからである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら