ナノインプリントで微細加工された1100mm×1300mmのガラス板(右)、凸版印刷 取締役の植木哲朗氏(中央)、SCIVAX代表取締役社長の田中覚氏(左)
[画像のクリックで拡大表示]

 車載機器や電子機器の進化を促す高機能部品を、大面積基板を使って低コストで製造する。これにより、革新的な製品を次々に生み出し、エレクトロニクス分野の新規事業を開拓する。こうした取り組みを凸版印刷が加速させている。「2020年度に約200億円の売り上げを目指す」(同社)。

 大面積基板を生かした新規事業開拓に当たって、凸版印刷が着目したのがナノインプリント技術だ。微細パターンを彫り込んだ判型を基板にスタンプのように押すことで、そのパターンを転写する技術である。2014年ごろに、大面積の判型を低コストで作製する技術の開発が進み、実用化の道筋が見えた1)

 凸版印刷は、ナノインプリント技術の大面積用途の開拓を、一気に加速させる考えだ。同社は、ナノインプリント技術の開発で成果を上げ、受託加工サービスを展開するベンチャー企業のSCIVAXに出資。2016年11月に同社の株式の約25%を取得し、ナノインプリント事業に本格参入した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら