注射器の破損の有無などを調べる円筒型テラヘルツカメラ。東京工業大学 河野研究室が試作した。
[画像のクリックで拡大表示]

 テラヘルツ(THz)波でモノや生体を見ることができるフレキシブルTHzカメラが登場した(図1)。感度が既存のTHzカメラの数十倍と非常に高く、撮影対象の黒体輻射を映像にできる。このため、これまで出力をなかなか高められなかったTHz波の〝照明”が不要だ。しかもシート状でフレキシブルに曲げられるため、モノや生体の曲面に沿ってシートを密着させることができる。

図1 CNTシートで超広帯域かつ、従来の数十倍以上の超高感度を実現
テラヘルツ波の吸収に利用するCNTシート(a)と、それを用いて作製したテラヘルツ波カメラの特徴(b)、テラヘルツカメラの作製例(c)と撮影画像の例(d)を示した。(写真:(c)、(d)は河野研究室)
[画像のクリックで拡大表示]

 用途は、(1)曲面を持つモノや歯の表面の傷や穴を検知、(2)皮膚や頭部に密着させて汗腺の変化を利用した検査、血行状態のチェック、皮膚ガンの有無の検査、脳の検査など、(3)THz波で材料の組成が分かることを利用した薬の検査など、を想定する。開発した東京工業大学 准教授の河野行雄氏は、「薬の検査向けにメーカーと試作品を作っている段階。2~3年のうちには(2)のような医療・ヘルスケア向け製品も実現できそう」という。

 THz波は波長が10μm~1000μm、周波数にして0.3THz(300GHz)~30THzの領域の電磁波を指す。ちょうど電波と赤外線の中間的な位置付けで、開発が最も遅れていた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら