開発した一円玉大(20mm角)の振動発電デバイス。
[画像のクリックで拡大表示]

 一円玉ほどの大きさで、身近にある振動から、従来よりも1桁大きな1mWの電力を発生する。このような振動発電デバイスを、空調・冷熱分野の制御機器などを手掛ける鷺宮製作所、東京大学、静岡大学が共同開発した。内蔵する0.4gの重りに周波数500Hz、加速度0.996Grmsの振動を加え、1.01mWrmsを発電することを確認した(図1)1)。2018年の実地試験、2020年の量産化を目標にする。

図1 1G弱の振動から1mW強を発電
開発した振動発電デバイスの発電特性と構造の模式図。発電特性は、周波数500Hzの振動を、加速度を変えて測定した。(図:鷺宮製作所など1)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに発電能力を高めた次世代技術の開発も進めており、2020年に同一寸法で10mWを実現させ、2020年代の実用化を目指す(図2)。

図2 10mW級が視野に
エレクトレットによる振動発電技術の進化を示した。従来技術では、既存の研究発表成果を対数グラフ上に直線で外挿している。今回の技術は同じ傾きで10倍、次世代技術は同じ傾きでさらに10倍の発電能力になるようにシフトさせた。今回の技術で2020年の開発目標としていた能力を既に達成した。研究を統括している年吉洋氏(東京大学生産技術研究所教授)は、イオン液体による次世代技術で2020年に10mW以上の実現も十分可能とみている。なお、エレクトレットの形成などは、静岡大学の橋口原氏(電子工学研究所教授)、デバイスの設計試作は鷺宮製作所が担う。一連の成果は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託により2016年から実施中の「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」の1テーマ「超高効率データ抽出機能を有する学習型スマートセンシングシステムの研究開発」(技術研究組合NMEMS技術研究機構が受託、研究開発責任者は東京大学生産技術研究所教授の藤田博之氏)で使う。(図:東京大学など)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら