【技術】IDECが「Safety 2.0」の実現に向け、協働ロボ用製品を出展

 IDECは、協働ロボットを利用する際の安全性を高めるための製品を開発した。開発品は「ANSHINジャケット」「グラフィカルライト」「ウェアラブルストップスイッチ」の3点だ。

 ANSHINジャケットは、作業者が協働ロボットのアームなどに近づいたり接触したりしたと検出するもの。アームを覆うように取り付けたシートで電界を発生させ静電容量の変化を検出して接近・接触を検出する。同ジャケットは、接触前にロボットを停止できるので、より安全性を高められる。検出範囲は、0〜200mmで調整可能という。東京センサ(本社東京)と共同開発した。

 グラフィカルライトは、ロボットコントローラーと連動してロボットハンドの移動先を先回りして照らす。作業者がロボットの動きを予測しやすくなり安心感が増すという。ウェアラブルストップスイッチは、手首に着ける停止スイッチ。PLC(Programmable Logic Controler)と無線で通信し、コントローラーやペンダントから離れた場所でも危険を認めたときにロボットを停止できる。同社は、機械と人が協調して安全な労働環境を構築するコンセプト「Safety 2.0」を提唱している。各製品は2018年内の製品化を見込む。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら