【技術】ホンダ、小型スクーター用の頭部保護エアバッグ公開

 ホンダは、小型スクーターに搭載できるエアバッグを2017年6月5〜7日に開催した技術試乗会「Honda Meeting 2017」で公開した。安全システムサプライヤーのスウェーデンAutoliv社と共同開発しているものである。クルマの側面などに衝突したときに、スクーターの運転者の頭部を守る。早期の実用化を目指す。

 エアバッグの展開の仕組みは、クルマの場合と同じである。スクーターの前部に組み込んだ加速度センサーが衝突の衝撃を検知すると、衝突相手のクルマと運転者の間でエアバッグを展開し、頭部への衝撃を和らげる。展開時間は0.04〜0.05秒である。クルマのエアバッグの場合、衝突時にステアリングやインストルメントパネル、ドアなどがエアバッグを支え、これによってエアバッグが運転者を受け止める。スクーターの場合は、衝突相手のクルマ自体がエアバッグを支える部材の役割を果たす。

 交通事故総合分析センター(ITARDA)によると、2015年の二輪車運転中の死亡事故で最も多かったのが「出会い頭」によるもの。また2014年の調査で最も多かった死亡者の損傷部位が「頭部」だった。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら