2014年6月、東京都内において、充電中の電動アシスト自転車のバッテリーパックが発煙・発火するという事故が発生した。発火に気づいたユーザーはバケツに水を張り、炎を上げているバッテリーパックを浸漬。すぐに火は消え大きな被害には至らなかったが、周囲が焼損し、所有者は軽い火傷を負った。

 電動アシスト自転車のバッテリーパックが発火・発煙するという事故はしばしば発生している。電池セルの加熱、配線の短絡など原因は幾つかに別れるが、製品評価技術基盤機構(NITE)が把握しているだけでも、2000年以降、その数は30件以上に上る。

 特に近年は、リチウム(Li)イオン2次電池(LiB)が普及し、事故被害が拡大するリスクが高まっている。電池セルに問題がなくても、周辺回路での短絡による過熱現象などが起こると、エネルギー密度の高い電池セルが熱暴走して火災などに至りかねないからだ。

 冒頭の事故は、2017年11月に東京都内で開催されたNITEの業務報告会で、調査結果について発表があったもの。やはり電池セルにはLiBを採用していた。本稿では、同報告会の資料を基に事故原因の詳細を解説する1)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら