2016年5月18日、東武鉄道東上本線(東武東上線)の10両編成の上り列車が中板橋駅(東京都板橋区)を出発した直後、非常ブザーが鳴った。運転士は非常ブレーキを作動させて車両を停止。後ろを見ると床下から白煙が上がっていた。車掌が5両目を確認したところ、後台車がレールの右側に脱線していた。台車枠の大きな亀裂が引き起こしたものだった。

 事故が発生したのは、列車が中板橋駅を定刻で出発した2016年5月18日12時11分ごろ。出発のために力行*1した後、同駅構内の第12号分岐器の制限速度が35km/hだったことから、運転士は速度約30km/hでノッチオフ*2して最後部車両が同分岐器を抜けるまで惰行運転した。

*1 力行 鉄道において、動力を車輪に伝えている状態。
*2 ノッチオフ クルマのアクセルペダルに相当する列車のマスターコントローラ(主幹制御器)の段数を最小(ゼロ)の状態にすること。

 非常ボタンが押されたのは、同分岐器を通過後に再び力行して加速した直後。異常を感じた乗客の1人が客室内のボタンを押したのだった。停止後、運転士および車掌は、5両目の床下からの白煙と、焦げ臭い異臭を確認。車掌が車外の状態を確認したところ、5両目の後台車の全2軸が右側に脱線していた(図1*3。さらに、事故後に調べてみると同台車の台車枠の「側ばり」と呼ぶ鋼製部材に大きな亀裂が入っているのが確認された(図2)。

*3 当該列車には乗客約400人、運転士と車掌が各1人乗車していた。負傷者などはいなかった。
図1 脱線時の状況
2016年5月18日、東武鉄道東上本線の中板橋駅で10両編成の上り列車が脱線した。同駅を発車してすぐに異常に気付いた乗客が非常ブザーを押したため、同駅から400m余り走行したところで緊急停止した。報告書を基に日経ものづくりが作成。(写真:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 台車に生じた亀裂
脱線後に調べたところ、先頭から5両目の後部台車の側ばりに亀裂が入っているのが確認された。亀裂によって左右の輪重がアンバランスな状態でカーブに入ったため脱線したとみられる。報告書を基に日経ものづくりが作成。 (写真:東武鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

 事故を受けて、国土交通省運輸安全委員会(以下、委員会)が原因調査に乗り出した。並行して東武鉄道も、鉄道総合技術研究所の協力の下、独自に調査を実施して2017年10月に原因に関する見解を発表。委員会も2018年1月に調査報告書を公表した1)。本稿では委員会の報告書を基に同事故について解説する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら