「技術者の働き方改革」について調査した。現状の取り組みは残業の禁止や休暇取得の奨励といった勤務時間の短縮につながるものが多い。結果、期待する効果も自由な時間が増える程度にとどまっている。生産性やイノベーション創出といった企業の競争力向上に結びつけるためには、時短だけでなく業務プロセスの革新や技術者の意識改革などまで踏み込む必要がありそうだ。

Q1 「技術者の働き方改革」は必要だと思うか

[画像のクリックで拡大表示]

研究開発や設計、生産技術、製造などの業務に就く技術者を対象とした働き方改革が「必要だと思う」という回答は8割近い。多くの人が、なんらかの改革が必要だという認識を持っている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら