セラミックスを造形材料として使える3Dプリンターの開発が進んでいる。従来は造れなかった複雑形状のセラミックス部品を短期間に手に入れる手段として、3Dプリンターに寄せられる期待は大きい。セラミックスの優れた性質を生かしたい用途は多く、形状と時間に関するハードルが下がれば、その活用領域は拡大していくはずだ。3Dプリンターによって大きく変わろうとしているセラミックスの未来を探る。

 3Dプリンターによって、セラミックスの用途が大きく広がろうとしている。今まで実現できなかった形状を造れるようになり、従来よりも短期間で試作品や製品を手に入れられるからである。

 軽量化や性能・機能の向上といった高付加価値化だけではなく、単品や少量生産品ではコスト面、期間面でも大きなメリットが生まれる。既にセラミックスを採用している分野に加えて、新たな分野での活用も期待できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら