製造業で働く技術者なら知的財産戦略の重要性はよくご存じでしょう。そこで今回は知財制度を構成する特許権や商標権、意匠権といった制度の具体的な仕組みやそれぞれの権利のカバー範囲の違いについて基本的なところをまとめてみました。米Apple社に関連した事例を使って、分かりやすく解説します。

iDymax/ゲッティ イメージズ

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら