Webカメラ、モーションキャプチャーができる距離カメラ、プロジェクターといった映像機器を工場に導入する動きが始まっている。作業者や設備の動きを全て記録し、IoT(Internet of Things)で取得したデータと突き合わせて不具合の原因を確実に把握できるだけでなく、不具合の発生を即座につかまえることも可能だ。高度な機能と解析技術の応用だが、意外と安価に実現できるものもある。

 カメラは、安価な割に非常に多くの情報を得られる光学センサーだ。複数カメラの画像から物体の立体的な位置や移動を把握したり、通常の場合との違いから異常を検知したりできる。IoT(Internet of Things)によって得た生産実績情報と突き合わせれば、特定のロットで何が起こったかを確実に突き止められる。

 画像を分析する技術も発展している。人の動きをデータ化するモーションキャプチャー技術が手軽に使えるようになった。今後、ビッグデータ解析技術や人工知能(AI)の応用も進むと考えられる。

 画像から得られる情報を基に、作業をスマート化するさまざまなアイデアを実現している工場を紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら