人工知能(AI)を使った自動運転向けの半導体では、米NVIDIA社のGPUの存在感が大きい。ただ、GPUは高性能な半面、消費電力やコストに課題があり、大衆車に搭載するのは難しいとされる。このため、低電力・低コストの半導体を新たに開発する動きが活発化してきた。採用する自動車メーカーにとっては追い風といえる。新型の半導体はNVIDIA社の牙城を崩せるか。各社の取り組みを追った。

写真提供:アフロ、NVIDIA社
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら