これまで中型車や上級セダンに搭載されてきた電動駐車ブレーキ(EPB)。2018年ごろから、軽自動車や小型車などにも搭載が広がる。“自動運転”や自動ブレーキへの対応、利便性の向上などメリットは多い。ここにきて最大の課題である低コスト化への見通しがついた。

写真提供:Renault社、Continental社、Chassis Brakes International社、ホンダ

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら