自動車メーカーを頂点とした産業構造が変わる可能性が出てきた。ソフトバンクグループや人工知能(AI)開発に取り組む企業など、新興企業や異業種が自動運転市場に向けて攻勢を強める。追われる自動車メーカーは走る楽しみに活路を求める。自動車セミナー「自動車未来サミット/モビリティーNEXT 2016」で、2020年以降のクルマを展望した。

写真提供:日産自動車、SBドライブ、中島正之

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら