米ゼネラル・モーターズ(GM)が2019年に量産する無人運転車「クルーズAV」。自動運転車の開発競争で先頭を走る米グーグル(Google)を強く意識した車両だ。IT大手が脚光を浴びる開発競争で、存在感が薄かったGM。クルーズAVは、“過去の巨人”の烙印を消し去る実力を秘める。

写真上:GM、写真下:Shutterstock
[画像のクリックで拡大表示]

 GMは2018年1月、無人で走れる完全自動運転車「クルーズAV(Cruise AV)」の公道走行の認可を求める申請書を米運輸省(DOT)に提出した。2019年の量産開始を目指す(図1)。自動運転車開発で先頭を走り、2018年の実用化をもくろむGoogle系米ウェイモ(Waymo)を追撃する。

図1 GMの無人運転車「クルーズAV」
シボレー(Chevrolet)ブランドの電気自動車(EV)「ボルト(Bolt)」を基に開発。実験中のため人が乗っている。(出所:GM)
[画像のクリックで拡大表示]

 クルーズAVには、ステアリングホイールやペダルなどの運転操作部品がない。自動運転の水準は米自動車技術会(SAE)の定義で「レベル4」に相当するとみられ、限られた条件下で完全自動運転を実現する。

 条件の一つが、走る地域を絞ること。高精度地図データがあり、実車による走行試験と解析を繰り返した「既知の地域」(GM)で走らせる。

 量産開始当初の販売形態は、Waymoと似た形になりそうだ。ライドシェア(相乗り)などの配車サービスに使う業務用車両として提供するとみられる。ユーザーはスマートフォンで無人のクルーズAVを呼び出し、事前に設定した目的地に向かう。乗車地と目的地は、限られた範囲内で選ぶ形になるだろう。

 米国では配車サービスの利用者数はうなぎ上りだ。クルーズAVに配車サービスを組み合わせれば、同車の利用者を増やしやすいとみる。加えて配車サービスならば、不特定多数の人に乗る機会がある。「多くの人が自動運転に対する理解を深めることにつながる」(GM)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら