ホンダは2017年9月、中型ミニバン「ステップワゴン」を部分改良して発売した(図1)。上級モデルの「同スパーダ」にハイブリッド車(HEV)を追加して、販売台数の増加を目指す。同社の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準搭載することで、予防安全性能を高めた。

 2015年4月に全面改良して発売した5代目の現行車は、排気量1.5Lの直噴ターボガソリンエンジン「VTEC TURBO」を搭載し、HEVの設定はなかった。直噴ターボエンジン車だけで、月間5000台の販売を目指した。HEVを設定しなかった理由についてホンダは当時、以下のように説明していた。

図1 ステップワゴンの部分改良車
2017年9月に発売。上級モデルの「スパーダ」にHEVを追加した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら