富士重工業は2016年10月に、5年振りに全面改良した新型「インプレッサ」を発売した(図1)。ボディーへの高張力鋼板の使用比率を増やした他、歩行者保護エアバッグや安全運転支援システム「アイサイトver.3」を標準搭載して、安全性能を高めた。エンジンと変速機を改良し、燃費を向上させた。

図1 5代目の新型「インプレッサ」
5年振りに全面改良した。排気量2.0Lの直噴エンジンと同1.6Lのポート噴射エンジンを搭載する(写真は2.0Lエンジン車)。
[画像のクリックで拡大表示]

 5代目となる新型は、ハッチバック車「SPORT」とセダン「G4」の2車種がある。安全装備の充実などで先代モデルに比べて価格は10万~15万円高くなったが、発売後約1カ月の予約台数は5800台を超えた。「当初の予想の2倍以上の台数」(社長の吉永泰之氏)と言う。予約台数の約45%は他社のクルマからの乗り換えであり、Bセグメントの小型車からの乗り換えが多い。他社のクルマからの乗り換え比率も、先代モデルの2倍以上という。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら