米Tesla Motors社の日本法人テスラモーターズジャパンは2016年9月、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)タイプの電気自動車(EV)「モデルX」の販売を開始した(図1)。後部ドアに上下方向に開閉する「ファルコンウィングドア」を採用(図2)。狭いスペースでも乗り降りできる高い乗降性を実現した。価格は895万円(税込み)から。

図1 Tesla Motors社のSUVタイプの新型EV「モデルX」
同社3番目の車種。同社のセダンタイプのEV「モデルS」のプラットフォームを踏襲した。100kWhの電池を搭載したモデルの充電1回当たりの航続距離(NEDCモード)は542km。納車は2016年末から。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 後席のドアに採用した「ファルコンウィングドア」
人間の腕で言えば肘や肩に相当する関節部を持つドア。車両の前後方向から見るとL字形をしたドアで、L字の付け根が肩、L字の屈曲部が肘に当たる。
[画像のクリックで拡大表示]

 モデルXは、同社のセダンタイプのEV「モデルS」とプラットフォームを共通にするSUV。極端に言えば、SUV版のモデルSだが、最大の特徴は、後部ドアに採用したファルコンウィングドアである。これは、横方向に30cmの空間があればドアを開閉できるもので、狭い空間での乗り降りを可能にする。しかも、同ドアを完全に開いたときは、大人でも楽々とドアの下に滑り込めるので、雨の日も濡れにくい。

 モデルXでは、同ドアを開く際に周囲の障害物や人、天井などにぶつけないようにする配慮も施している。左右のそれぞれのドアに、超音波センサーを三つずつ配置。障害物などを検知すると、ドアの動きを停止させる仕組みを盛り込む。さらに、左右のドアに挟まれたルーフの部分にも超音波センサーを一つ配置。天井までの距離を測定し、同ドアを開く際の動きを制御する。

 車高は同ドアを閉じたときで1680mm、同ドアを全開にしたときで2200mm。同ドアを開けるには、高さ方向にスペースが求められるが、全開にしなくても乗り降りは可能だ。また、閉じる際には、同ドアに組み込んだトルクセンサーで人などとの軽い接触を検知し挟み込みを防止する。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら