今後の「レンジローバー」が進む方向性を示すクルマ──。重要な役割を背負って英Jaguar Land Rover(JLR)グループが開発したのが「レンジローバーヴェラール」だ(図1)。流麗で洗練されたデザインが特徴のSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)で、“引き算の美学”をキーワードに開発した。

図1 レンジローバーシリーズの4番目のモデル「ヴェラール」
(a)洗練されたデザインが最大の特徴である。(b)JaguarブランドのSUV「F-PACE」。 ボディーやパワートレーンなど多くを共用している。
[画像のクリックで拡大表示]

 「砂漠のロールス・ロイス」と呼ばれてきたレンジローバーが、大都会を目指して疾走している。レンジローバーシリーズで一番小さい「イヴォーク」と大型の「スポーツ」の間に位置する、4番目のモデルとしてヴェラールが登場した。その背景には、時代の変化があるという。ヴェラールのデザインを担当したJeremy Waterman氏(同グループLand Rover Chief Designer Exteriors)は「消費者が求めるものも、ラグジュアリーの定義も変わってきている」と分析する(図2)。

図2 ヴェラールのデザインを担当したJeremy Waterman氏
JLRグループLand Rover Chief Designer Exteriors

 変化に対応するために、高いオフロード性能を残しつつも、「知的や洗練、色気などを表現するために無駄をそぎ落としたデザインに仕上げた」(同氏)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら