ホンダは2016年8月、26年ぶりに全面改良した新型スポーツカー「NSX」の日本仕様車を発表した(図1)。左右の前輪を独立に駆動可能なツイン・モーター・ユニットと、後輪を駆動するエンジンおよびモーターを組み合わせた「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載したハイブリッド車である。最大の特徴は、運転者の操縦意図に素早く反応できる応答性の高さだ。

図1 ホンダの新型スポーツカー「NSX」
26年ぶりに全面改良した。2016年8月に開催された日本仕様車の発表会での様子。受注開始は同月、発売は2017年2月としている。
[画像のクリックで拡大表示]

 「100msという短い時間の中で運転者の操縦意図が車輪に伝わる」。同車開発責任者を務めたTed Klaus氏の言葉を借りれば、それこそが新型NSXの真骨頂であり存在価値だ。パッケージングの工夫、軽量・高剛性なボディー、SPORT HYBRID SH-AWDによる電動化技術によって、それを可能とした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら