電気自動車(EV)のような力強い加速感と、アクセルペダルだけで加減速を制御できる操作性の良さ──。そんな特徴が評価されて人気を呼んだのが、日産自動車が2016年11月に発売した小型ハイブリッド車(HEV)「ノートe-POWER」だ。そして2018年3月、シリーズ・ハイブリッド・システム「e-POWER」搭載の第2弾として発売されたのが同社のミニバン「セレナe-POWER」である(図1)。

図1 日産が2018年3月に発売したミニバン「セレナe-POWER」
同社のシリーズ・ハイブリッド・システム「e-POWER」を搭載した2番目の車種。最初の搭載車である小型車「ノート」よりも車両質量が約400kg重くなるため、モーターやエンジンの高出力化や電池の高容量化などを図っている。
[画像のクリックで拡大表示]

 セレナにe-POWERを搭載するに当たり、日産がまず注目したのは車両質量の違いだ。ノートの車両質量は、同社説明員によれば約1300kg。それに対してセレナは約400kg質量が増加する。同社は、ノートe-POWERと同様にEVのような力強い加速感とワンペダル感覚の操作性を実現すべく、モーターやエンジンの出力を上げ、電池の容量を増やした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら