燃費不正を乗り越える3年間に

三菱自動車CEOの益子修氏

 「単に(業績が)回復すればよいわけではない。しっかりとした土台の上で成長しないといけない」。三菱自動車は2017年10月18日、2019年度までの中期経営計画(3カ年)を発表した。同社CEO(最高経営責任者)の益子修氏が会見し、持続的な成長に向けた基盤作りに注力する方針を示した。

 2016年4月に燃費不正が発覚し、三菱自動車は会社存続の危機に陥った。そんな中で策定した2017年度から2019年度の中期経営計画。益子氏は、「この3年間は将来への種まき」と位置付ける。「V字回復に向けた軌道に乗せることが大切」(同氏)と強調した。

 販売台数や売上高の目標値以上に重要なのが、3年間の合計で6000億円以上を投資する計画を固めた研究開発費や設備投資だ。特に注力するのが、電動化とSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)で、三菱自動車の強みを伸ばす。

 2020年以降、三菱自動車は2車種の電気自動車(EV)を投入する計画である。「軽自動車と小型SUVになる」(同氏)という。プラグインハイブリッド車(PHEV)に関しては、「アウトランダーPHEV」を全面改良する。6000億円の投資を遂行して2020年以降につなげられるか。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら