シナジー、2017年度には1000億円規模に

日産自動車社長兼CEOのCarlos Ghosn氏

 「提携による初年度のシナジー効果は三菱自動車が250億円、日産自動車は240億円を見込んでいる。来年度には三菱が400億円、日産は600億円相当の効果が得られるだろう」――。

 日産は2016年10月20日、三菱の発行済株式の34%を取得して単独筆頭株主になったと発表した。出資の完了に合わせて、日産社長兼CEO(最高経営責任者)のCarlos Ghosn氏が、三菱の取締役会長に就く人事も内定。同日会見したGhosn氏は冒頭のように語り、2017年度には両社で1000億円規模のシナジー効果を得られるとの見方を示した。

 シナジー創出に向けた取り組みの一つが、部品の共同調達である。今回の出資を受け、三菱はRenault-日産連合の傘下に入った。このため、「今回の提携で競争力の低い(三菱の)サプライヤーはビジネスを失う可能性がある」(Ghosn氏)。ただし、「盲目的にサプライヤーを変えるようなことはしない」(同氏)と説明した。

 インドネシア向けの新型MPV(多目的車)を、日産にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する計画も進める。供給するのは、三菱がインドネシアで2017年10月から生産する小型MPVである。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら