図1 コニカミノルタの複合機の例
同社の「bi zhub C287」である。オフィス向けの複合機は、製品の基本的な構成がほぼ完成し、根本的な変化が生じることは少ない。
[画像のクリックで拡大表示]

 複合機は、典型的な擦り合わせ型アーキテクチャーの製品といわれる(図1)。紙やトナーがユニット間を移動していくため、ユニット同士の擦り合わせが必要になる。すなわち、紙やトナーを受け渡す相手に合わせた調整がどうしても発生する。

 一方で、電子写真の技術はかなり固まってきており、特にオフィス向けの複合機では「中央断面図で見るユニットの大まかな配置はほとんど変わらない」(コニカミノルタ情報機器事業開発本部開発プロセスイノベーションセンタープロセス改革推進部1Gグループリーダーの鈴木省市氏)。そのため、新製品の開発は従来機種の情報を再利用し、改良を加える形で進む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら