ターボ機械を設計・製造する荏原エリオット(エリオットグループ、本社千葉県袖ケ浦市)は、3D-CADによる自動設計システムを構築、運用している。ターボ機械は、流体の流れと機械の回転運動の間でエネルギーを変換する機能を持つ設備装置(図1)。コンプレッサー、ブロワー、蒸気タービン、ガスエキスパンダー、ガスタービンなどがある。

図1 荏原エリオットが設計・製造するターボ機械
完全に3D-CADで設計している。
[画像のクリックで拡大表示]

 以前の設計プロセスでは、過去の設計実績の中から受注案件に近い仕様のものを選び出し、それをベースに必要な変更を加えていくスタイルだった。ところが現在、同社はこのような流用設計をしなくなっている。より正確に言うと、設計者が流用設計に携わらなくなっている。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら