工場や建設現場などで使う積層信号灯や回転灯などを開発・製造するパトライト(本社大阪市)は、特注対応などで増え続ける機種構成と設計を見直し、原価5割、経費3割、利益率2割の原価体質にしようという「532プロジェクト」を進めている。2016年10月にはその活動成果の第1弾となる積層信号灯の新シリーズ「LR」を発売した(図1)

図1 積層信号灯の新製品「LR」シリーズ
直径40、50、60、70mmの4サイズを1シリーズに統合した。直径は異なっても各色の信号ユニットの高さは同一。内部の基板を全て共通化している。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら