工場でよく見かけるパトライト(本社大阪市)の積層信号灯。従来製品は、中心にシャフトがあって、複数の信号灯を串刺しにする構造だった。しかし、2016年10月に発売した新シリーズ「LR」には、そのシャフトがない。シャフトで支える代わりに、各信号灯を相互に接続、固定できるようになっている。

 これは何を意味するのだろうか。信号灯を2灯積み重ねたい顧客と、3灯積み重ねたい顧客に対して、従来は長さの異なるシャフトを用意しなければならなかった。LRでは、その必要がなくなっているのだ。

バリエーション対応に限界

 多様な顧客ニーズに対応しなければならない、といわれるようになって久しい。もともと日本企業は、顧客のニーズをよく聞いて、それを満たす製品を生み出すマインドが高い。しかし、その気は十分あっても、従来からの設計手法ではだんだん対処できなくなってきた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら