電動車両の主役を一つに絞れない状況が、部品メーカーを悩ませている。導き出した解が、電気自動車(EV)プラグインハイブリッド車(PHEV)の両方に使える部品だ。象徴的なのが、モーターや減速機などを一体化した電気駆動システム。電動車両の商品力強化という観点では、ワイヤレス給電がいよいよ離陸しそうだ。

 電動車市場を巡る覇権争いが、部品メーカーにも飛び火し始めた。「ここ1年ほど、欧州メーカーの電動パワートレーン戦略がめまぐるしく変わってきた。要求される性能も企業ごとにばらばらで、対応が相当難しくなっている」。ある部品メーカーの技術者はこう打ち明ける。

 電動車両の主役を一つに絞れない状況のため、部品メーカーはEVとPHEVを両睨みできる製品の開発を強化している。「どちらに転んでもいいように、部品に柔軟性を持たせるほかない」(前述の技術者)というわけだ。

FFベースのPHEVが「橋渡し」役に

 揺れ動く自動車メーカーの心情が表れているのが、FF(前部エンジン・前輪駆動)のエンジン車をベースとするPHEVである。利点は、既存のエンジンや変速機をそのまま使えるところ。エンジン車から大きく構造を変更する必要がないので、開発の工数やコストを抑えられる。同一車種で様々なパワートレーンを用意するのに適する。

 後輪側にモーターを設け、リチウムイオン電池を追加するシステムが一般的で、ドイツBMW社やスウェーデンVolvo社など欧州メーカーの車両に多い。EVをラインアップするメーカーでも、電動車の趨勢がはっきりしない現在、こうしたPHEVを用意せざるを得ない。

 特にPHEVは欧州の現在のCO2規制対応で排出量削減に有利であり、部品メーカーに求められるのは「より短期間かつ安価に規制に対応できるシステムを提供すること」(GKNドライブラインジャパン製品開発部eドライブグループプロダクトテクノロジーマネージャーAPOの相川政士氏)である。

 FFベースのPHEVはさらに、EVへ向かう「橋渡し」役としての機能も発揮させやすい。Part2 図1で紹介した、ドイツVolkswagen(VW)社のEV向けプラットフォームには、後輪部にインバーターや減速機などと一体化したモーターが鎮座している。このため、前輪部にエンジンと発電機を搭載すればすぐにPHEVにできる。その逆の道順を辿れば、FFベースのPHEVは容易にEVに進化できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら